2016年05月11日

粘っこい!!



みなさんお元気ですか?ここのところカラッと晴れた日が少ない気がします。そこで音楽だけでもカラッと爽やかなものを紹介....しません(笑)。

今回の一曲は、「Dragonaut」。 アメリカ出身でストーナー/ドゥームロックのカリスマバンド SLEEP による演奏です。「Dragonaut」は1992年発表の「Sleep's Holy Mountain」アルバム収録です。

70年代ハードロックの影響が濃厚な、虚飾を廃した剥き出しの音、ネトッとした粘着質で重くウネるグルーブが快感です。メロディが良いとか、歌が上手いといった要素はなく、かといって勢いでグイグイ押しまくるワケでもないので、聴き手を限定しそうですが、音の中にズブズブ浸るような音楽性は、一度ハマると癖になります。

ヴィンテージな雰囲気のビデオも、アンダーグラウンド感があってカッコ良い!

僕の場合、心も体も地味に不調で、酷く落ち込んでいるワケじゃないが前向きになる元気も出ない...みたいなときに、こういったタイプの音楽をヘッドフォンで聴きながら横になります。すると意外にスッキリしたりします(←もちろん普通の時も聴きます...笑)。たぶん、ほどよくヒネた感じがまたジャストなのだと思います。

ドレッドヘアにしているのは、ギタリストのマット・パイク。うつむき加減でドレッドを振り乱しながら全身でギターを弾く様子は、かなりクールです!ちなみに、マットは本能的に弾くタイプのようですが、実はジャズの素養を持ち、音楽理論も理解している強者です。

てな具合で今回はここまで♪

みなさん5月病に気をつけて、お元気で!
posted by どれどれドレッド at 13:25| Comment(0) | .ストーナーロック SLEEP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

冷たい?熱い?生々しい!




お久しぶりです!みなさん元気ですか?

今回のオススメは「Baby, God Is Dead 」。ギリシャ出身、90年代初期からカルト的人気を集めるストーナーロックバンド NIGHTSTALKER(ナイトストーカー) による演奏です。「Baby, God Is Dead 」は2009年発表「Superfreak」収録です。

70年代ハードロックゆかりの余計な虚飾を排した生々しくグルーヴィーな演奏、冷めた厭世観と熱さを併せ持つかのような空気がとてもカッコ良い1曲です。アージー(ボーカル)の枯れた声がまた曲にピッタリであり、カリスマティックでもあります。ベースソロが入っているのも渋い!

ドレッドヘアのミュージシャンは、アージー(ボーカル)です。フリーフォーム(※)なのか美容院で作ったものが緩くなった結果か分かりませんが、ルーズでワイルドです。アージーのカリスマ性を増幅していて渋い!

ルーズなドレッドは人によって自然でピースフルに見えたり、ワイルドで怪しく見えたりしますが、アージーの場合は後者だと思います。


という感じで今回はこの辺で♪

みなさんお元気で!
※ドレッドヘアの自作メソッドのひとつ。コンディショナー成分抜きのシャンプーor無添加石鹸で洗髪し、髪をとかさなくすることによって、作る方法。詳しくは管理人の運営するHP内フリーフォームメソッド参照。
posted by どれどれドレッド at 16:42| Comment(0) | .ストーナーロック NIGHTSTALKER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。